中標津手打ちそば「ささ藪学校」

第9回素人そば打ち段位認定審査会 中標津大会

先週の日曜日(6月26日)

第9回 素人そば打ち段位認定審査会 中標津大会が

中標津町 交流センターにおいて開催されました。

今回の受験者は、初段位が14名、二段位が11名挑戦しました。

結果から報告すると、全員合格でした。

しかし、審査委員長の総評では初段位はレベルが高かったようだが

二段位はぎりぎりの人もいたようだ。

ぎりぎりでも何でも合格は合格!

次なるステップに向けて頑張りましょう!!!

d0297685_1819466.jpg

d0297685_18191980.jpg

d0297685_18194894.jpg

d0297685_18201598.jpg

d0297685_18202658.jpg

d0297685_18205138.jpg

d0297685_1821589.jpg


昼食時間は和気藹々と・・・
d0297685_18225371.jpg

d0297685_18233256.jpg


審査終了後の模範演技では、みんな真剣に見入っていましたよ。
d0297685_18254881.jpg

d0297685_1826272.jpg

d0297685_18261597.jpg

[PR]
# by sasayabu | 2016-07-01 18:26 | 素人そば打ち段位認定試験 | Comments(0)

6月月例会

   6月月例会・やる気、元気満々!

 4日土曜日、午後から伝成館にて月例会を開催。雨天にもかかわらず、網走、東藻琴等から多数駆けつけ、熱気あふれるそば打ちの研修会となりました。
 今月の26日日曜日に開催される段位認定試験に向けて励む会員、三段、四段を目指して真剣な目つきで鉢に向かっている会員。
 「どうも暑さが均一にならないんだよなぁ」、「四出ししても、四角にならない」、「途中から、切りが太くなってしまう」等々、日ごろの思いをぶっつけながらの実りある、また、楽しい月例会でした。
  
  お知らせ

 来月、7月からの月例会は、毎月第2土曜日に実施することにいたしましたので、ご理解ご協力をよろしくお願いします。

 7月9日土曜日が次の月例会です。

 師匠が、7月は「四出しのこつ」、「肉分けのしかた」に視点を当てて研修するとのこと。
 みなさん、頑張って参加し、研修を深めましょう。
[PR]
# by sasayabu | 2016-06-04 17:16 | Comments(0)

役員会 開催

先日(日曜日)、ささ藪学校 伝成館道場の

片づけを一部の役員でおこないました。

その都度掃除はしていますが整理整頓まではしないままに

なっており、煩雑な状態になっておりましたが

伝成館側からももう少しスペースをコンパクトに・・・

との要望もあり急遽実効いたしました。

完璧とまでは行きませんが気になっていたところは

片付いたと思います。

参加してくれた役員の皆さんご苦労様でした。

そして昨日、役員会を開催し、来月開催する予定の

素人そば打ち段位認定審査会について話し合いました。

初段位、二段位の受験申し込みの期限が迫る中、

今現在、二十数名の応募しか無く、もう少し応募者を

増やしたいのでそば打ちに興味のある方を

勧誘してもらうようお願いいたします。

また、審査会の運営スタッフを募集しておりますので

こちらの方も宜しくお願いいたします。

詳細については、ささ藪学校事務局長、長渕まで。
[PR]
# by sasayabu | 2016-05-24 08:55 | その他 | Comments(0)

五月の月例会

    月例会・盛況!

 5月7日土曜日、午後1時より月例会。朝からの雨で今日は出足鈍く参加人数が危ぶまれましたが、16名が参加。いつものように賑やかな雰囲気・明るさと笑顔の中にもピリッと締まりのある研修もあり実り大き月例会となりました。
 特に、今回は、前回に引き続き「菊練り」に視点を当てた研修を、高校生の尾上 結ちゃんのデモ打ちを参考に技術向上目指して研鑽を深めました。
 十数人に囲まれた中でのデモ打ち、高校生ながら緊張をしていたにもかかわらず工程順にしっかりを打ち上げました。
d0297685_1941663.jpg


   水回し   すべての粉に均一に注いだ水をいきわたらせる作業、むらがありません。
d0297685_18541351.jpg

d0297685_18545443.jpg


   練り     徹底した菊練り、空気を出すとともに、40数パーセント入った水を同じ密度にいきわたらせる          作業。
d0297685_18554267.jpg

d0297685_18561776.jpg

d0297685_18564040.jpg


   のし     適切な肉分け、均一な厚さに手際よくのしを進める作業。形もよくなけれは゛だめです。
d0297685_18572436.jpg

d0297685_1858686.jpg

d0297685_18583730.jpg

d0297685_18591441.jpg


   切り    生地の厚さと同じ切幅に。日頃より1,6ミリ。船への収め方も重要。
d0297685_18595241.jpg

d0297685_1903318.jpg

d0297685_191289.jpg

d0297685_1913758.jpg

d0297685_1915532.jpg

 
  全道大会、全国大会を視野に入れての厳しい練習を続けているだけに相当レベルが上がってきていま   す。我が、ささ藪学校から全道大会二連覇と全国大会制覇は夢であり、全員が応援・声援しており、
  デモ打ち終了後、拍手・拍手の連続。そしてすぐ次のバイト先へお母さんの車で行きました。
          結ちゃん、ありがとう! これからも頑張ってね。

  2時以降は、各自の練習、当分「菊練り」が続きそうです。
d0297685_1924382.jpg

d0297685_193341.jpg
  

   副校長の友田さんが、出張先のお土産を持参してくれました。珍しいお菓子に舌鼓を打ちながらの
 充実した月例会となりました。
   6月の月例会、認定会前の練習会ですので、誘い合ってきてください。お待ちしています。
[PR]
# by sasayabu | 2016-05-07 15:28 | Comments(0)

総会

    総会終了しました。

 4月30日土曜日、午後1時よりそば打ち研修会、4時30分より総会。吹雪・悪路のため参加できない会員が多くいるにも関わらず研修会には20名が参加。
 小出師匠の菊練りをテーマにしたデモ打ちを参考に各自研鑽。実り多き交流会になりました。
d0297685_08284599.jpg
 師匠曰く、「菊練り」とは、あくまでも空気を出す作業で、菊の模様つくりではないとのこと。空気を出すとともに、粉の量の約40数パーセント入った水を完璧にいきわたらせる作業でもあるとのこと。だから、しっとりとつややかりなると。
 水回しが終わり、くくるところから「菊練り」の第1歩が始まる、練りは菊練りで始まり菊練りで終わる。水を入れてからへそ出しまでは一連の作業であるとのことをデモ打ちで見せてくれました。
d0297685_08293207.jpg
d0297685_08292893.jpg
d0297685_08291807.jpg
 徹底した菊練りによるそばの麺は、しなやかさ、生きの良さ、腰のしっかりした麺になることをその後の試食会で実証・実感しました。
d0297685_08291508.jpg
d0297685_08291154.jpg
d0297685_08290347.jpg
d0297685_08290722.jpg
d0297685_08290347.jpg
d0297685_08290001.jpg
d0297685_08285758.jpg



 また、師匠がいつも口癖のように行っている「自分の打ったそばは、自分の作ったつゆで食べよう」を会員が「返し」を寝かせて作ったつゆでいただき、それとは知らぬ会員から絶賛、その後、二次会へ。師匠はめろめろに。
d0297685_08285358.jpg
 総会の議案はすべて即決。三段の認定大会を会員総意と団結力・行動力で頑張るとの意気を表明して楽しい懇親会へ。

 5月7日土曜日の月例会は午後1時からです。高校生の結ちゃんの「菊練り」に視点を当てたデモ打ちを参考に一層研鑽を深めたいと思っています。
 今後、水回し名人、菊練り名人、丸出し名人、四つ出し名人、本のし名人、そば切り名人、後始末名人?等々目指す研鑽会を行っていきたいと思っています。
 みなさん、そば打ちは楽しさがあってのそば打ちです。再開が楽しみです。
[PR]
# by sasayabu | 2016-05-02 08:40 | Comments(0)


手打ちそば教室を開講しています。


by sasayabu

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カテゴリ

リンク

外部リンク

フォロー中のブログ

最新のコメント

以前の記事

画像一覧